なぜ砂糖使用ゼロか

 

Sugarfree

なぜ砂糖ゼロなのか

 

歯にやさしい

虫歯はバクテリアが発酵してオーガニック酸となったものから発生します。バクテリアは主に炭水化物や糖分のうえに繁殖します。酸が歯のエナメルに悪影響を及ぼすのです。マルチトールは口内で酸にかわることもないので反カリエス性とされています。

低カロリー

通常の砂糖とくらべて、マルチトールは40%も低めのエネルギー値をもっています。これはマルチトールのほんの一部しか小腸に吸収されないからです。大部分は大腸に行き、ミクロの微生物発酵しかここでは起きません。(1,2). だからこそ、大量のマルチトール摂取は便意につながるのです。とはいえ、個人差はあるので100グラムの摂取が平均的にいいとされています。

脂肪分

我々のチョコレートに含まれている飽和脂肪はステアリン酸を含んだココアバターからできています。これには体内の血液のコレステロール値を中和させる働きがあります。

糖尿病患者

糖尿病患者たちは糖分、脂肪分、プロテインの分解に関する問題をかかえています。糖尿病は血糖値の上下によるものです。血液内のインシュリンの減少が障害を引き起こし、これが糖分、脂肪分、プロテインを吸収する際に問題を起こすのです。脂肪分の吸収は心臓血管系の問題へとつながることが多いのです。

伝統的食材

マルチトールはポリオル系の甘味料のひとつであり、長年、いろんな食品に世界中で使用されてきました。

安全性

マルチトールは人間にも動物にも効果的だということがわかっています。 国連の合同食品添加物専門会議 (JEFCFA) はマルチトールの一日許容摂取量についての制限はつけていないので、これはつまりいくらでも摂取してもよいということなのです。

ココアのうれしい特典

ココアは実はとても複雑なもので、800以上ものいろいろな分子から成っており、中にはカフェインやテオブロミンなども含まれ、さらには鉄分やビタミンB6も含まれています。しかし大半のチョコレートリサーチは実はフラボノイドに注目しています。これはポリフェノールの仲間であり、これは食品にふくまれる抗酸化剤の中では一番それを豊富に含んだものなのです。 さらにココアは赤ワインやお茶よりもさらに多くのポリフェノールを含んでいます。

学者たちが常に赤ワインとお茶を飲むようにすすめるのはポリフェノールの効果が病気から私たちを守ってくれるからなのです。これらの病気は我々の体の細胞を破壊し、さらに老化を早めてしまうのです。 さらには体の代謝も弱くしてしまい、神経の働きも鈍らせてしまうのです。ガンの原因となることすらあるのです。ありがたいことにココアのフラボノイドはまるでアスピリンのように血小板の凝固を止め、動脈硬化の症状をおさえてくれます。(10).

© 2011-2017 LaNouba - Belgian Sugarless Treats - 条件等 | プライバシー・ポリシー